スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アニメ「楽しいムーミン一家」の出来栄えは奇跡!
今Yahoo動画とBiglobeストリームでアニメ「楽しいムーミン一家」を無料で放送中です。
これがまた奇跡的な仕上がりなので是非。

楽しいムーミン一家 ムーミン大空へ(アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト)

楽しいムーミン一家(Yahoo!動画 - アニメ )

注意:後半(78話)からは製作会社が変わり、今までの雰囲気が全部台無しになります。怒りさえ覚える出来です。観る場合は前半までを観た後、比較する形で後半を観ることを強く推奨します。

ムーミンの魅力:子供の頃誰もが持っていたあの気持ち
ムーミン谷は平和で、毎日同じように遊んで過ごします。
「ほぼ毎回」なんとなくみんなムーミンの家に遊びにきて、タダ飯食って帰るだけです。そこで世間話とか、来る途中で発見した物なんかの話をするうちに、物語がほんの少し動くだけです。

例えば近所に誰かが引っ越してきたらしい、とか、変な帽子を拾ったとか、ひまだから海岸行ってみない?とか、そりゃもうほんとうに何気ないことです。でもそんなことでも、きっとわくわくできます。

まるで子供時代のよう。同じような毎日を過ごしてたけど、学校の授業は着実に進んでる、一ヶ月かけた工作の作品が完成する、季節が変わる。いつも遊んでる遊具が取り壊されて悲しくなる。友達との別れがあったり、また新しい友達が生まれたり、幽霊屋敷に探検に行ったり、秘密の場所を見つけたり、出来なかった事が出来るようになったり。

日常の中の非日常、わくわく感から、友達と遊び終わった瞬間からさみしくなるあの感じまで。かつて誰もが持っていたそういう気持ちを全部思い出させてくれます。

個性的なキャラクターばかりでみんな自分の意見を主張するのに、誰もがお互いを認め合い、決して拒絶したり、せめたりすることはありません。そしてさりげない発言や、行動でキャラクターを表現しています。あくまでさりげなく。今のアニメのように、一言で表せるような薄っぺらいキャラクターはいません。(例えば「ツンデレ」とか、「大阪弁を話す陽気な奴」とかって、それだけでキャラ全部を表現しちゃいますよね。そんな一言で表現できる人間なんていないのに。)

だから生き生きとしていて、今回は登場しなかったキャラも、ちゃんと写ってないところで人生を歩んでるのが感じられます。

その世界の住人になれる。ずっと住んでいたくなる。
そしてきっとスナフキンに惚れます。

スナフキンの名言をちょっとだけ。

「ぼくはこの目で見ないものは信じない。そのかわり、この目で見たものはどんなにばかげたものでも信じるよ」
「きみ、あんまり誰かを崇拝するのは自分の自由を失うことだよ。」

かっこぇぇ。まだまだありますので是非自分の目でご確認ください。

Yahooで今日公開された回では、親友を気遣いながらもきっぱりと自分を貫き旅立って行くスナフキン。
今後も目が離せません。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム、アニメ、その他 - ジャンル:ニュース

【2007/04/21 15:30】 | コラム | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<タダでみよう情報商材 | ホーム | 情報商材買ってるバカへ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zarituri.blog100.fc2.com/tb.php/9-45719ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スナフキン スナフキンは、フィンランドの児童文学作家トーベ・ヤンソンの小説の主人公ムーミンの親友。 父親はムーミンパパの友人ヨクサル、母親はミムラ夫人で、スナフキンはミイとミムラ姉さんの異父弟にあたる。自由と孤独、音楽を愛する旅人。物事を所有することを嫌 キャラボン!【2007/10/13 19:13】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。