スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アフィリエイターよ、外に繰り出せ!その2
前回の続きです。
さて、プロに取材はむずかしいでしょうか?

私は何も假屋崎せんせーに生け花のコツを教えてもらえと言ってるわけではありません。
考えてみてください!有名人でなくとも、あなたの身の回りにはプロがたくさんいるはずです。

近所の八百屋、花屋、パン屋、ラーメン屋、クリーニング屋、自転車屋、セブンイレブン、またはそれらで働くフリーター。かかりつけの歯医者、自分のマンションの大家さんや不動産屋、SEをやってる会社の同僚、大手電気店で働く友達、子供が通っている保育園の保母さん、自分の母校の先生、後輩の学生、忘れた頃に営業に来る自動車会社の営業、農家やってる自分のじいちゃん、ばあちゃんetc 

ちょっと考えただけでもこの5倍くらい思いつくはずです。

彼らからすれば、自分はお客様だったり、身内だったりするのですから、無料で取材を申し込めます。取材といっても、ついでの世間話や立ち話でも構いません。
友達や親戚だったら菓子折りくらいは持って行きましょう。飲み会の席で聞くのもgoodです。

何も職業プロに限りません。
以下のような人も取材の対象となります。

うつ病を克服した人、異常にナンパがうまい奴、夢破れて自己破産した人、ガンダムオタク、出産した親戚の人、などなど

さて、彼らに何を取材すべきか、わかりますね?

例えば「料理」関連のサイトをやってるのであれば、デジカメ持って近所の寿司屋さんに行って、お寿司をほおばりながら大将に聞いてみましょう。 
「簡単にできる魚のさばきかた」「活きの良い魚の見分け方」「家庭でできるお寿司!」「テカテカの酢飯を作るには」
これで
・「ザ・寿司屋に学べ! 全4回」
のコーナーの出来上がりです。

または例えば「一人暮らしの情報」サイトを運営しているのであれば、ビック○メラに勤めている友達や、自分のマンション管理をしている不動産屋から話を聞いてきましょう。

・某○○カメラ店員に匿名取材。一人暮らしに最適家電、本音とタテマエ。
・一人暮らしの不動産選び
「鉄筋造りと鉄骨造り、防音性能はどのくらい違うの?」編
「女性で一階は危険?お得?女性のためのアパート選び」編
協力○○不動産様


こんな感じで電化製品のアフィリンクを貼ればいいんです。
不動産にしても、もうページに「女性専用マンションなら」なんてベストマッチなアドセンス広告が表示されてるのが、想像できるはずです。

今後のサイト作りのヒントももらってきましょう。

例えば最近出産した親戚がいれば、出産祝いを持って行きながら聞いてみましょう。
妊娠から出産までの過程で、不便だった事。不安だった事。困った事。学んだ事。
または、「こうすると便利」「このサービスは加入しとくべき」などの経験者ならではのコツや技。

これらを聞き出したら、大手の「妊娠出産に関するサイト」がその問いや要求に対応しているかチェックします。
「うむ?、禁煙が一番つらかったと言っていたが、このサイトではタバコはダメと一言しか書いてないぞ!」
ならば心理面からのアプローチで喫煙女性を対象に「妊婦のための禁煙講座」というサイトでも作ったらどうでしょう。心理学の話や赤ちゃんへの影響の話、禁煙グッズの販売、妊婦さん同士で禁煙を目指し励まし合う掲示板などの設置などなど。


こうすれば大手サイトと補完の関係となり、相互リンクも気軽に申し込めます。争わずにwin-winの関係を築けるのです。

(もちろんこれは仮の話です、私は妊娠サイトを検索したことも
妊婦にとって禁煙がつらい事なのかも知りません。)

一般人が知らなくても、プロの中では常識となっているような事はたくさんあるものです。
他にないびっくりするような情報を掲載すれば、あなたのサイトはかなりクールに変貌します。


いきなりお店に行くのがむずかしいなら、まずは身近な人達からチャレンジしたらどうでしょうか。
プロはけっこう語りたがります。
日頃から「これだから素人は!」とか、「俺だったらこうする」みたいな感情は誰でも持っているものです。
きっとここぞとばかりに喜んで教えてくれます。
恥をかくことを恐れないでください。勇気を出した分、良い記事が書けます。

目指せクールアフィリエイター 第一回のまとめ

・取材記事を書けば一気にクールサイトになる。
・身近なプロに目を向けよ!プロは取材を待っている。
・職業プロだけがプロじゃない。
・世間話にアイディアあり。
・恥を恐れるな
スポンサーサイト

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

【2007/04/25 07:58】 | 目指せクールアフィリエイター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アフィリエイターよ、外に繰り出せ!
前回はコチラ
ということでクールアフィリエイターになろう 
一発目は中級者向けとなります。
それなりのコンテンツを持って、それなりのアクセス数のあるサイトを持ったとします。でもいまいちライバルサイトに差がつけられないorマンネリ化してきた人。

そんなあなたが次にやるべきことは、パソコンの前から離れることです。

外を回って自分のサイトに関する物の専門家に取材してきましょう。
取材記事の力はすさまじいものです。
あるある大辞典では必ず白衣の先生が出てきたのを覚えていますでしょうか。だって専門家が間違いを言うはずはありません。視聴者は見事に信頼してしまいました。

もちろんこれは悪い例です。騙そうなんて考えてません。
でもプロに取材し、特集記事を組めば、あなたのサイトは一気にクールになります。

取材記事の利点
・閲覧者に管理人のやる気をアピールできる。
・見た目の上で、大手サイトと見劣りしなくなる。
・サイトの信頼性を確保できる
・プロならではの技を知ることができる(他サイトが言ってないような情報を掲載できる)
・コネクションが広がる

でもさあ!!たかが個人事業主が専門家とか学者とか企業に取材なんてできっこないよ!
それじゃあダメだ、私なんて個人事業すらしてない、ただの主婦だもの!

と思った方。

甘い!うちのばあちゃんが作る肉じゃが並みに甘い!

次回へ続く

テーマ:アフィリエイト全般 - ジャンル:アフィリエイト

【2007/04/23 17:43】 | 目指せクールアフィリエイター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
目指せクールアフィリエイター
ということで、ごくまれにアフィリエイト関連の記事を書いて行きます。講座方式を考えていたのですが、辞めました。

このblogはあくまで「息抜きの場」「主張の場」として、または自分のメモ帖として自由に使うつもりなので、自分勝手にやろうと思いました。超自己流なので常識的には間違ってることを言うかもしれませんが「ふーん」とか「バカじゃねぇの?」「それ意味ねーよ」とか思っていただければ幸いです。

そもそも、成功パターンなんて成功者の数だけあると思います。
自分で生み出す側にならなくてはいけません。
良くビジネスの成功体験本や変な商材ばかりを集めて、わかった気でいる人達がいますが、そりゃ書いた人をさらに儲け(成功)させてるだけです。それらを利用して、新しい物を生み出さないといつまでたってもそっち側の人間にはなれません。

また、私は本業なので、副業でやる人からすれば私のアフィリエイトにかける想いや手法はあまりにもイキスギな事が多いので注意です。

メインコンテンツはあくまで日記です。

テーマ:アフィリエイト全般 - ジャンル:アフィリエイト

【2007/04/23 17:10】 | 目指せクールアフィリエイター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。